メールはこちら
趣旨
建長5年(1253)4月28日に日蓮大聖人が法華経を世の人々に弘めていこう、と決意を表明されてから平成14年でちょうど750年目を迎えました。私達はこの記念すべき年を契機に、新しい活動を始めました。
それが、「もの、みな、すべてイキイキさせよう」を合言葉とするイキイキ推進委員会の発足です。
ふり返ってみれば、お寺は古くから地域のシンボルであり、コミュニケーションの場として重要な役割を担ってきました。今、人の心は乾き、対人関係は極めて希薄であったり緊張感の強いものであったりということが多く、結果として様々な社会不安の現象を生み出しています。その解決が容易であるとは思いませんが、だからといって傍観していてよいとは思えません。
「この世に生まれてきたからには、自分のできる限りの力をつくして周りの人の力になり、周りの人を潤す一滴の水でありたい」
そんな思いを共有する方々に池上本門寺に集まっていただき、いろいろな催し、芸術表現を通じて世の中の人たちをイキイキさせていく。それが初年度の「満月の十三祭り」という形になりました。
月を身近に感じることによって「自然のリズム」に思いを馳せてもらおうという「満月の十三祭り」の趣旨には各界から多くの賛同をいただき、満月ごとのイベントは内外の注目を集め、イキイキ推進委員会はよいスタートをきることができました。 しかし、私たちイキイキ推進委員会の活動はまだ始まったばかりです。

 このような活動は、文字通りイキイキと息長く継続することこそが、最も重要なことだと私たちは考えます。
活動4年目を迎える平成17年、今年も世相は明るさには程遠く、世界は力の衝突への恐れに慄いています。そうした中で私たちができることは何か。私たちだけでなく、すべての人たちの思いや行動が、周りの人たちや延いては世界中の人々に対して、まさに一滴の水になることを思いながら、新たなメッセージの発信を企画して行きたいと決意を新たにしています。

【はじめに】
古くから地域にとってのコミュニケーションの場であったお寺。
現代社会において、地域の絆や人と人の交わりが希薄になり、日本人が本来持っていた互助の精神も失われつつあります。
私達は、伝統的なふれあいの場であるお寺に、積極的に様々なイベントを誘致して、コミュニティーの活性化を推進し地域社会のランドマークとしてのお寺の役割を果たすべく日々努力いたします。


【“イキイキいのち”とは】
“この世に生まれて来たからには、自分の力の限りをつくして、周りの人の力になり、周りの人を潤す一滴の水でありたい。”そんな思いを共有し、人々をイキイキさせ、全てのいのちの尊さを再認識すると言う主旨を表すキーワードです。

【イベントについて】
池上本門寺を “場”として様々な芸術文化を発信することによって、来場した人達が、「イキイキと生きることの大切さ」「命の尊さ」を共に体感でき、またアーティストやコンサートに携わる人達もイキイキする。私達はそんな『時間と空間』を共有できる事を望んでいます。
「もの、みな、すべてイキイキさせよう」を合言葉に、人もまちもイキイキと輝きはじめた大田・池上。世の中に潤いを与える「一滴の水」推進活動が地元と共に築く池上のまちづくりに反映され、さらに、大田のまちの新たな魅力を創出しています。
心が潤う温かい大田・池上のまちに触れ、魅力ある人達との交流を通して、キラキラと輝くイキイキとしたみなさんでありますよう、“素敵”を探しに是非、お出かけ下さい。
大田観光協会 会長 田中常雅

千客万来の大田区を目指す大田観光協会は、これからもイキイキ推進委員会と一緒に事を興し、住む人も、学ぶ人も、働く人も、みんなの想いを一つにして文化的で豊かな地域社会の実現を目指します。
問い合わせ
イキイキ推進委員会 連絡先
 ○電子メール post1@ikiiki-community.org
 ○携帯電話  090-6136-6649(平日11:00~17:00 土日祝日は休み)
 Copyrights Ikiiki Promotion Committee All rights reserved.